TOPICS

2019.08.15

チョウザメの稚魚 アルビノについて

アルビノは数千尾に1尾生まれる珍しい金色のチョウザメ。
白いチョウザメと呼ばれていますが、実際の色は薄いゴールドの色味を帯びています。

S__20185109.jpg

奇跡的な確率から生まれたアルビノから採れるキャビアは金色で、世界で最も贅沢で
貴重なキャビアと言われており、中々目にする事が出来ない特別なキャビアです。

現在、引田の養殖場にある水槽では、生後約1年のアルビノの稚魚が5尾、水槽で泳いでいます。
オスかメスかの確認が取れるのは4年後。
そしてメスであれば、そこから数年を経てゴールドのキャビアが誕生する可能性があります。

特別なゴールドのキャビアが誕生する日を、楽しみに待ちましょう。

S__20185107 (2)_修正.jpg

S__20185111_修正.jpg